疲労骨折を治りを早めるサプリはあるの?カルシウムだけじゃありません!

疲労骨折 サプリ

疲労骨折という言葉、スポーツ選手の話題で耳にすることが多いですね。でも、骨密度が低めの女性も意外に疲労骨折が多いのです。激しいスポーツをしていなくても、毎日同じ部分に負荷がかかることによって起こるので、注意が必要です!

 

疲労骨折の治りを早めると聞くと「カルシウム」と思うでしょう。カルシウムの不足はもちろん問題ですが、マグネシウムとなるコラーゲンビタミンDも欠かせません。この組み合わせは治りを早めるだけでなく、予防にも効果的なので普段からぜひ摂っておきたいところ。

 

閉経後は特に骨粗鬆症にも気を配りたいもの、サプリをうまく使って疲労骨折を予防しましょう。当サイトでは、カルシウムを効率よく吸収させ、骨を丈夫にするのにおすすめのサプリをご紹介しています。疲労骨折の治りが悪い、骨粗鬆症が気になるという方は、ぜひどうぞ。

 

大正カルシウム&コラーゲン MBPの特徴

その名の通りカルシウムとコラーゲン、さらに骨を丈夫にするMBPが一緒に摂れるサプリメントです。日本人の食事では不足しがちなカルシウムを300r配合。骨の形成に大切なマグネシウムを最適なバランスでプラスしています。骨のしなやかさを保つコラーゲン、吸収をよくするビタミンDも一緒に摂れるので、骨質向上にもピッタリ。持ち運びに便利なアルミ個包装が便利と好評です。1日1袋5粒。コツコツ補うなら、定期お届けコースが便利でお得です。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 カルシウム300r・マグネシウム・コラーゲン

 

魚の骨からつくったカルシウムの特徴

人間の骨と同じカルシウム、だから吸収率がよいと好評のサプリメントです。吸収率を高めるため、ビタミンDやKもしっかり入っています。カルシウムの溶け出しを抑える大豆イソフラボン、骨形成に必要なコラーゲンをプラス。1日1粒でカルシウム210r、噛んで食べるので粒が苦手な人でも大丈夫です。続けやすい定期お届けコースは、2袋おまとめが20%OFFで増量中とお得です。

価格 1,828円
評価 評価4
備考 カルシウム210r・ビタミンD、k・大豆イソフラボン

 

サントリー カルシウム&マグネシウムの特徴

卵殻由来のカルシウムとマグネシウムがしっかり摂れるサプリメントです。不足しがちなカルシウムを補うのに嬉しい300rを配合。さらにカルシウムの吸収を高め、効率よく定着させるCPPとビタミンD・Kも配合されています。1日めやす4粒は、飲みやすい小粒タイプ。初めて購入する方の80%以上が、便利な定期お届けコースは選んでいます。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 カルシウム300r・マグネシウム・CPP

 

疲労骨折とは?原因は?

 

疲労骨折はスポーツをよくやる人に多く発生するものですが、女性に多いのも特徴です。

 

●どうして疲労骨折は女性に多いのか?

 

疲労骨折はスポーツをしていて骨を使いすぎてしまった時に発生しますが、それには原因もあります。以下をご参考ください。
・体の柔軟不足
・激しい運動によって骨密度が低下してくる
・筋力不足での無理な動きの反復
・靴などの用具を締め付けている
・不十分な技術で不適切な動きを繰り返している

 

 

疲労骨折とは、骨の同一部分に外力が繰り返し加わってしまう事で発生してしまいます。一度にかかる力は強くなくても、何度も続けて力が加わってしまうと金属疲労のようにその部分がもろくなってしまいます。短期的な集中トレーニングで発生してしまう事も多く、軽度だと細かいヒビが入って重度では完全に断裂してしまいます。疲労骨折は早期発見と治療が大切になってきます。治療開始が一日遅れてしまうと、完治そのものに何倍もかかってしまうでしょう。疲労骨折の症状は初期段階において軽度の事もあるので、つい無理して悪化させる事もありません。しっかり対策すれば悪化も防げるでしょう。

 

●まとめ

 

ここで疲労骨折の原因をまとめてみましょう。
・女性特有の問題
・骨骨折している部分の栄養が不足している
・同じ部分に集中的に繰り返し負担がかかっている

 

その中で症状を軽減・予防や早期回復させるためにも、ご自身で出来る事が必須栄養の摂取です。疲労骨折を早く直すには早期発見・早期治療がポイントとなるでしょう。不快感があってから運動を続けていると、すぐに悪化してしまいます。治療期間もそれだけ延びてしまうでしょう。疲労骨折が見つかった場合には最低でも3〜8週間の運動中止が必要です。その後ドクターの指導のもと、少しずつ運動を再開していくのがベターです。ここで無理すると治療期間も長引いてしまうばかりか、日常生活にも支障が出てしまいます。まずは栄養法と安静が必要でしょう。

 

疲労骨折と判断される状態は?診断基準はある?

 

疲労骨折と判断される時は、ほとんどスポーツが原因です。サッカーや野球、陸上、バスケットボールなど、あらゆるスポーツで発生する可能性があります。疲労骨折には初期症状もあるので判断基準の参考にしてみてください。

 

●疲労骨折に初期症状が出るとどうなるか

 

・鈍い痛みが出る
・患部が腫れる
・運動の時だけ痛む
・足の甲が痛む
・下腿が痛む

 

●骨折の原因としてよくある「疲労骨折」

 

骨折してしまう原因の一つには、「疲労骨折」というものがあります。疲労骨折とは骨折を起こさない程度の負担を繰り返してしまい、疲労が加わった時に生じてしまう骨折です。針金を同じ部位に折り返し曲げる・伸ばすなどすると、その部位で針金が折れるのと同じ現象になってしまうのです。運動の負担が繰り返し同一の骨にかかり、マラソン競技などでもよく発生します。

 

●病的骨折というのもある

 

疲労骨折というのもありますが、病的な骨折もあります。病的骨折は局所的な骨の強度低下のため、軽めの外力で生じる骨折です。例えば転移性骨腫瘍、原発性骨腫瘍、可能性骨髄炎、多発性骨髄腫、白血病などが骨の強度や低下の原因となってしまいます。骨折のほとんどが外傷性骨折、脆弱性骨折となってしまい、それ以外の疲労骨折の頻度はあまり高くなく、スポーツ選手にみられるものの珍しいタイプの骨折です。

 

●疲労骨折になった時の症状とは?

 

疲労骨折になってしまうと、局所に激痛が走り違和感があります。また骨折部位の腫脹や隆起などがみられる事もあるでしょう。痛みの症状としては運動の始めに痛みが強く出てしまい、途中は痛みがいったん軽くなります。運動終了時から終了後にかけて痛みも強くなるでしょう。運動を休んでいる間は痛みもほとんど出てきません。

 

疲労骨折になったら…対処法は?

 

疲労骨折は子供でもなる事があります。疲労骨折になってしまう原因には、無理なトレーニングから運動用品まで様々であり区別もつきにくいです。疲労骨折になってしまった場合の対処法もあります。

 

●疲労骨折って何?

 

疲労骨折とは、何らかの原因によって骨の組織や連続性がなくなってしまった状態をいっています。骨折の種類には外傷性骨折や病的骨折や疲労骨折がありますが、その中でも疲労骨折はランニングなどの行動を繰り返し行う事で、同じ骨に圧力がかかって折れてしまいます。例えて言うのであれば、丈夫な針金でも何度も曲げ伸ばしを繰り返してしまうと、金属疲労を起こしてちぎれてしまうのです。マラソンランナーなどのアスリートにも多く見られています。

 

●疲労骨折の原因って?

 

疲労骨折の原因として挙げられるものには、次のようなものがあります。
・筋力不足や柔軟性の欠如
・カルシウム不足
・トレーニングしすぎ
・高度すぎる運動をしている
・運動用のスパイクや靴が合っていない
・土踏まずのアーチが高い

 

このように疲労骨折は本人の体質だけでなく、運動する環境によっても発生してしまいます。どの世代でも起こりえる事ですが、骨の成長期である10歳〜高校生くらいの人に発生しやすいでしょう。また女性の場合は骨粗しょう症と無月経、摂食障害が組み合わさってしまうと疲労骨折が発生しやすい事が分かっています。

 

●コルセットを使って対処法?

 

診断は主にレントゲンで行っていますが、コルセットを装着して行う治療が多いです。また痛みに対しては痛み止めの薬の注射や服用を行います。成長期の間に腰椎分離症が発見された場合は、コルセットによる治療できちんと骨同士が癒合する事も多いでしょう。しかし発見が遅くて成人を過ぎた場合には正しい骨の融合が行われず、不安定な腰椎を形成してしまう事があります。無症状の時もありますが、痛みがある場合はリハビリやコルセットで治療を行っていきます。

 

疲労骨折に効く食べ物は?牛乳は飲むべき?

 

疲労骨折になってしまった時は、疲労骨折によく効く食べ物を食べるのがいいでしょう。とはいうものの疲労骨折に効果的な食べ物には何があるのでしょうか。

 

●カルシウムがよく効く?

 

丈夫な骨はカルシウム量が多く、骨密度が高いです。骨密度が高ければ「骨折しにくい」と言われています。しかしカルシウムだけで骨が出来ているわけではありません。骨にカルシウムを定着させるにはたんぱく質も必要です。骨たんぱく質と言われているのは繊維状の特殊たんぱく質であり、「ファイバープロテイン」とも言われています。そのファイバープロテインの中でも、骨に最も多く存在しているのが「T型コラーゲン」というタンパク質です。その量は骨重量の30%を占めていて、不足してしまうと骨密度低下を招いてしまう事があって骨折しやすくなり、骨折の治りも悪くなってしまいます。さらに微量ですが、コンドロイチンも丈夫な骨には欠かせません。

 

●コラーゲンもいい

 

コラーゲンを豊富に含む食品には、次のようなものが挙げられます。
・鶏肉
・手羽先
・牛スジ
・豚足
・鶏皮

 

これらの食品に共通していると言えば、「悪玉」と言われる飽和脂肪酸を多く含んでいる事です。飽和脂肪酸はコラーゲンの糖化を促進させる性質もあります。劣化&老化してしまったコラーゲンはもろくなってしまい、その働きを失ってしまいます。

 

●コラーゲン量を増やそう

 

コラーゲン量は年齢と共に減ってきます。一般的な成人に必要なコラーゲン量は一日5グラムほどです。食事でもある程度摂れているので、サプリメントで補うのは2〜3グラムで十分でしょう。しかし骨折を早く治すためにも数倍必要と言われています。
デュッセルドルフ大学の研究では、骨折した患者に一日8グラムのコラーゲンを摂らせた結果、通常の3倍のスピードで治ったと言われています。コラーゲンを日頃から豊富に摂っておくといいでしょう。

 

疲労骨折の予防・改善にサプリがおすすめ!

 

疲労骨折によく効く成分と言えば「コラーゲン」が挙げられます。コラーゲンは食品から摂取する事も出来ますが、コラーゲンを含むサプリメントから取り入れる方法もあります。

 

●コラーゲンを中心としたサプリメントを摂取するのがおすすめ

 

食品からもコラーゲンを摂取する事は可能ですが、脂質も同時に摂り込むようになってしまいます。さらに消化にも時間がかかってしまうでしょう。骨折のリスクを減らして骨を丈夫にしていくには、コラーゲンを中心としたサプリメントを摂取するのがおすすめです。コラーゲン入りのサプリメントは、骨細胞を活発にしてくれます。コラーゲンの合成力を促し、骨折に強くなるようにコラーゲン量を増やしてくれるのです。コラーゲンを経口摂取する事が有効です。マウスを使ってコラーゲンのサプリメントを与えてみたところ、コラーゲン生成は活発になった事が分かっています。

 

●骨折に強いサプリメントで強化したい事とは

 

骨折に強いサプリで増やせるものは以下のような成分です。
・総合ビタミンと総合ミネラル
・コンドロイチンやコラーゲンゼリー
・ビタミンC
・ファイバープロテイン

 

これらをバランスよく積極的に摂る事が、結果的に骨折を早く治していき骨を丈夫にしていけます。さらに運動で骨に力を加える事によって、骨芽細胞に刺激を与えて活発にできる事が分かっています。サプリなどの活用で運動や年齢に関係なく、丈夫な骨が作れるでしょう。

 

●そもそも骨折しやすくなる原因とは?

 

骨折しやすくなってしまう原因には「骨密度の低下」が関係しています。その原因はカルシウムを支えるコラーゲンの減少である事もあまり知られていません。コラーゲンが少ない骨の加齢によって骨芽細胞は不活発になり、コラーゲンの生成が減ってしまう事が最も大きな理由です。高齢者の骨粗しょう症で骨折しやすくなるのはこれが原因となるでしょう。閉経後の女性が骨粗鬆症になりやすいのは、女性ホルモンのエストロゲンが減ってしまう事により、骨芽細胞や繊維芽細胞が刺激を受けなくなるからです。